【フィリピンネグロス島 台風被害】災害支援隊を派遣しました!

ネグロス島台風被害 災害支援隊を派遣しました!

多くの方からのご寄付ありがとうございます。*後日、ご寄付の詳細はお知らせいたしますす。

12月16日に猛烈な台風22号がネグロス島を直撃したことを受け、皆さまに「ネグロス島災害復興基金」へのご協力をお願いしておりました。

お陰様で、多くの方からのご寄付をいただき、12月29日に、甚大な被害が出ている、ネグロス島南東部のBais市とManjyod市方面へ、現地イマジナス・DETi関係者が災害支援に入りました。この地域は、暴風と浸水により家屋が破壊され、多くの死者が出ています。現在、飲水と食料、生活用が不足しているとのことです。

今後、イマジナスでは、皆さまから頂きました災害支援金を以下の予定で活用させていただきます。

・被害が特に大きい地域へのへの災害派遣、緊急支援物資(約200世帯)
・現地のイマジナス・DETi(学校)スタッフ家族への家屋修繕費用、必要物資(約20世帯)
・奨学金対象生徒の家族への支援(10世帯)
・特に被害が大きかった世帯への住居関係支援
・村の小学校の復旧
・現地拠点となるイマジナス・DETi(学校)の建物修復

幸いにも、イマジナス・DETi関係者とその家族の安否は確認できました。奨学金を受けている村の子どもたちとその家族の安否は、現在確認しております。

今後、現地の状況と災害支援活動を更新していきます。