【ネグロス島台風被害】現地災害支援活動の動画を公開します

現地災害支援活動の動画をこちらに公開します

年末から行われている現地での支援活動(第1次派遣)の様子を現地スタッフがまとめてくれました。外からの支援が入っていない村への物資支援の様子も含まれております。

日本での災害支援活動とは異なり、非常に少ない情報を頼りに、物資を詰んだトラックが直接、被災した村を回ります。今回の活動は、イマジナス・デティのスタッフと一部の現地人が有志で行った緊急支援です。

水や食糧、生活用品などの支援物資を集める拠点として、デティ(英語学校)の施設を開放しています。ここでパッキングしトラックへ積み込みました。

今後、二次的な支援へ移るかも含めて、ニーズを拾い検討していきます。

DETiチャンネル 動画 <ハイライト>こちら

DETiチャンネル 動画<完全版>こちら

【ネグロス島台風被害】現地災害支援活動レポート

ネグロス島台風被害 現地災害派遣活動の様子です!

12月16日に猛烈な台風22号がネグロス島を直撃したことを受け、皆さまに「ネグロス島災害復興基金」へのご協力をお願いしておりました。それと同時並行で、年末から現地での災害支援派遣を行っております。今回は、2回目の現場レポートとなります。
災害支援

現地へ入ったスタッフからの報告によりますと、
今回の災害支援派遣は、未だ、政府からの支援等が入っていない山間部の村で、
支援隊のトラックが到着したときに、初めての支援が来たことを喜ばれたそうです。
発災以来、飲水が不足しており、わずかな飲み水を繋いでいた住民へ飲み水を手渡しました。
その他、米、缶詰、生理用品など、緊急性の高い物資を被災した住民へ手渡ししました。

山間部では、自治体からの支援が全く入っていない地域が多く、災害ボランティアセンターが立ち上がるという概念すらないようです。今回のように、全くの有志で物資の支援が来るのを祈りながら待っている状況のようです。
今回の災害支援派遣では、以下の2つの村へ入り、およそ200世帯へ物資の配布を行いました。

皆さまから頂いたご寄付は、まずこの災害支援の物資調達に使わせていただきました。イマジナス、デティ関係者も被災していますが、その中で、現場で最大限の活動をしてくれました。

1. Tinaogan村(Bindoy市)
2. San Isidro村(Majuyod市)
*どちらの村へも舗装路はなくトラックで泥の道を抜けます。

今後、第2回災害派遣を検討していますが、まずは、現地のニーズを拾い準備をしていきたいと思います。当面は、次の計画で短期的な支援を予定しておりますが、直近で、⑴~⑶を優先していきたいと考えております。

⑴被害が特に大きい地域へのへの災害派遣、緊急支援物資(約200世帯)
⑵現地のイマジナス・DETi(学校)スタッフ家族への家屋修繕費用、必要物資(約20世帯)
⑶奨学金対象生徒の家族への支援(10世帯)
⑷特に被害が大きかった世帯への住居関係支援
⑸村の小学校の復旧
⑹現地拠点となるイマジナス・DETi(学校)の建物修復

【フィリピンネグロス島 台風被害】災害支援隊を派遣しました!

ネグロス島台風被害 災害支援隊を派遣しました!

多くの方からのご寄付ありがとうございます。*後日、ご寄付の詳細はお知らせいたしますす。

12月16日に猛烈な台風22号がネグロス島を直撃したことを受け、皆さまに「ネグロス島災害復興基金」へのご協力をお願いしておりました。

お陰様で、多くの方からのご寄付をいただき、12月29日に、甚大な被害が出ている、ネグロス島南東部のBais市とManjyod市方面へ、現地イマジナス・DETi関係者が災害支援に入りました。この地域は、暴風と浸水により家屋が破壊され、多くの死者が出ています。現在、飲水と食料、生活用が不足しているとのことです。

今後、イマジナスでは、皆さまから頂きました災害支援金を以下の予定で活用させていただきます。

・被害が特に大きい地域へのへの災害派遣、緊急支援物資(約200世帯)
・現地のイマジナス・DETi(学校)スタッフ家族への家屋修繕費用、必要物資(約20世帯)
・奨学金対象生徒の家族への支援(10世帯)
・特に被害が大きかった世帯への住居関係支援
・村の小学校の復旧
・現地拠点となるイマジナス・DETi(学校)の建物修復

幸いにも、イマジナス・DETi関係者とその家族の安否は確認できました。奨学金を受けている村の子どもたちとその家族の安否は、現在確認しております。

今後、現地の状況と災害支援活動を更新していきます。

【フィリピン台風被害/緊急!】 「ネグロス島災害復興基金」へのご協力のお願い

フィリピン台風被害 「ネグロス島災害復興基金」へのご協力のお願い

12月16日に猛烈な台風22号がフィリピンを直撃し、甚大な被害が出ております。

イマジナス拠点のあるネグロス島東州でも大きな被害が出ており、家屋の倒壊、電柱と樹木がなぎ倒され、インフラが破壊されています。フィリピン全土では、17日夜の時点で33万8000人以上が近くの学校などに避難しているということです。イマジナスでこれまで支援をしてきた、山岳地帯の村人とは連絡が取れておらず、安否が気遣われます。

これに伴い、イマジナスでは災害復興基金を設立し、皆さまにご寄付を呼びかけております。また、現地の状況把握を進め、必要に応じで現地への支援物資輸送や災害復興隊を派遣する可能性もあります。

まずは、被災した世帯へ向けて、家屋等の修繕費用と生活用品の購入資金として、寄付を募り、被災した家庭へ配分したいと考えております。当面、現地イマジナスと繋がりのある世帯や奨学生の家族など30世帯分の支援費用として、40万円を目標としています。その後、対象範囲を広げたいと思っております。

つきましては、災害復興基金へご寄付をいただける方は、下記NPO法人IMAGINUSの口座へお振込みいただけますと幸いです。今後、現地の被災状況と支援活動の詳細を、随時アップしていきます。

皆様のご協力を、何卒よろしくお願いいたします。

代表 高橋大海

**ご寄付をいただける方へ**

【ネグロス島災害復興基金 NPO法人IMAGINUS】

ゆうちょ銀行 口座名義:特定非営利活動法人IMAGINUS

ゆうちょ銀行から送金する場合→ 記号:15120、番号:2579401

他行からお振込の場合→ 518支店、普通0257940

 

当面、初動へのご支援受入れを12/25までとさせていただきます。

お振込時に、差出人としてお名前をフルネームでご入力ください。

支援完了後に、法人Webサイトで支援活動のご報告と、ご支援いただいた方のお名前をカタカナで公開いたします。お名前の公開を希望されない場合は、お振込時に、差出人欄に、お名前(苗字)の後に「ヒコウカイ」とご入力ください。大変恐縮ですが、振込み手数料はご負担くださいませ。

【イベント開催のお知らせ】インドで草の根技術協力事業(JICA)を行う国際NGOとCICEインターン生の”今”を伝える座談会!!

【イベント開催します】インドで草の根技術協力事業(JICA)を行う国際NGOとCICEインターン生の”今”を伝える座談会!!
〜コロナ禍でも国際協力の仕事がしたい学生へ!−インド児童保護プロジェクトの事例報告–〜
12月23日(木)18:00~ 19:45
広島大学 ミライクリエ1階 会議室⑵
主催:NPO法人IMAGINUS、教育開発国際協力研究センター(CICE)
<プログラム(当日、順序が前後する可能性があります)>
1. インド西ベンガル州のストリートチルドレンの今(コロナ禍でどう生き延びているのか?)シェルターに通う子どもたちと現地NGOへのインタビュー収録をご覧いただき、インド児童保護の今をお伝えします。
2. 現地NGOへのキャパビル研修・教師研修の実際(JICA草の根技術協力事業の報告)
CICEインターンの学生がインド研修サポート活動の実際をお話しします。
3. 学生参加型座談「どうしたら現地NGOが研修のベネフィットを感じられ、キャパシティが上がるのか!?」あなたならどうしますか?
国際協力、海外での仕事を考える学部生、大学院生の皆さん、ぜひ熱くお話ししましょう!JICAや国際NGO、大学が行う草の根的国際協力の実際を見られる機会は貴重です。座談会では皆さんのご意見もお待ちしております。

ネグロス島☆『ものづくり・仕事づくり』プロジェクト 全国のインターンが奮闘しています!日本企業とも連携

みなさんこんにちは!

ネグロス等山間部では所得が低く、生活に困難を抱える世帯も多く、山あいの村では、地理的に市街地から隔離されており、学校へのアクセス、農産物や家畜を販売する場所へのアクセスが制限される傾向にあります。その課題を解決すべく、イマジナスは現地英語学校DETiと協力し、農村・漁村で村の人々と産品開発を行い、所得向上を目指して活動しています。

しかし、現在はコロナ禍で外国人がフィリピンへ入国することができません。そこで、オンラインにてネグロス島の村人と産品開発をするプロジェクトをインターン主導で行っています!

日本の電材部品をつくる企業さんとタッグを組んで、ネグロスの人々の所得向上のため現地の素材を使い、現地人々の持つ技術を活かしたバッグを制作*します。

メンバーのほとんどが実際に現地を訪れたことがないので、1週目はまずネグロス島や村の現状について現地スタッフから現状共有を受けました。そしてその情報をもとに1人ずつフォーカスする課題を決め、解決策を考えて発表しました。実際に現地へ行ったことがなくても、今までなかった面白いアイディアがたくさん出て、とても興味深かったです。コロナが落ち着いたらぜひ現地に入ってプロジェクトを回してみたい!と思いました。

2週間目からはデザイン思考やソーシャルビジネスについて学び、バッグの開発に向けて動き始めました!オンラインソフトを駆使してプロブレムツリーを作成したり、ブレインストーミングを行ったりしてユーザーはどんな人なのか、求められているものは何なのかなど分析を進めていきました。言葉の壁だけでなく、自分の考えを画面の向こう側にいる相手に伝える難しさにぶち当たりました。それでもめげずに想像力を膨らませて、オンラインでディスカッションを繰り返し、現地スタッフに奔走してもらい、、、遂に村の人たちに試作品作製の依頼をする段階までたどり着きました!慣れないオンラインでのディスカッションやオンラインソフトの操作に戸惑い、苦戦することもありますが、自分たちのアイディアが少しずつ具体的になってきて、メンバーのモチベーションはさらに上がっています!

フィリピンは魅力、可能性に満ち溢れています。

まだまだやらなくてはいけないことは山積みですが、ユーザーの方々に喜んでもらえ、かつ現地の人々の所得向上につながる商品を開発できるように、メンバー一同フィリピンの現地スタッフと力を合わせて励んでいきます!!

今後、DETiや日本でも今回開発した商品に出会えるかも⁉乞うご期待!

*バッグを制作するのは、日本の企業さんがSDGsの取り組みとして、展示会などで配付するカタログを収納するバッグを、ネグロス島の素材を用いて制作したいというご提案から始まりました。

【終了】ソーシャルビジネスを立ち上げる!ネグロス島の村人と産品開発インターンシップ(オンライン/2週間)<JOCV歓迎!>

ソーシャルビジネスを立ち上げる!ネグロス島の村人と産品開発インターンシップ(オンライン/2週間)<JOCV歓迎!>

アジアの新興国、そしてたくさんの課題が山積するフィリピン。
ネグロス等山間部では子どもたちが継続して教育にアクセスできない現状があります。イマジナスはその課題を解決すべく、農村・漁村で村人と産品開発を行い、所得向上を目指して活動しています。

<業務内容>*基本テレワーク(オンライン)となります。
⑴ NGOスタッフよりネグロス島の状況を伝えるセミナー開催
⑵デザイン思考を学ぶワークショップに参加
⑶現地人とチームを組み産品開発のデザイン、ビジネスプランを作成
⑷産品開発(手を動かすのは現地人)
⑸産品を日本へ発送
⑹活動報告プレゼンテーション

本格的な国際協力+ソーシャルビジネス・インターンです。実際にビジネスプランを作成し、それを現場で走らせます。⑹の最終プロセスに到達するには2週間で終わりませんが、継続的にプロジェクトに関わって頂けるインターンを募集します。

協力隊(JOCV)任期中の方、歓迎です。当団体代表はじめJOCV出身者が多く関わっています。

**業務詳細**
【業務地】日本国内/フィリピンネグロス島
【業務期間】2020/08/01 ~ 2020/09/30
上記期間のうち2週間を選択。セミナー開催日は指定あり。国内インターン後、現地への派遣もコロナの状況によっては可能。
【必要資格】16歳以上。意思疎通ができるレベルの英語力。協力しあって業務できる方。ソーシャルビジネス経験者、起業志望者歓迎します。商品デザインができる方、その能力生かせます。
【参加費用】インターン参加費用/技術指導料(3万円/月)が必要となります。テレワークの通信費用等は自己負担ください。
【応募方法】下記メールアドレスに直接お問合せください。件名は「インターンシップ希望」と明記下さい。

imaginus2013@gmail.com

【募集締切り】2020年9月30日(第1次〆切)

国連など大きなスケールの国際協力のは違い、現地人の顔の見える働きかけを大事にしています。当インターンを通して、「現場で何が起きているか?」「何が、今必要なのか?」このことをご自身の目で発見してください!

*イマジナスはインドでも活動していますが、現在はコロナにより休止しています。

【メディア掲載!】JICA草の根 インドでの児童保護&研修

中国新聞に掲載されました。すでにインドは国自体が封鎖されていますが、今年2月の活動です。
今回の派遣は、南アジアのトランスジェンダーで博士研究をしているリュウさん、現在、在コルカタ領事館で働いているだいきさん、そして、広島大学の若きホープカエデさんと私でチームを組みました。皆さん、個々の能力が高いので、スムーズに活動は進みました。やっぱりチーム力ですね!
さて、インドの国全体が外出禁止になっている中で、いったい、ストリートの子どもたちはどうなっているのか。
路上で稼ぎ生計を立てている子どもたちなので、路上に出れなくなったらどうなるのか,考えただけでも恐ろしいです。
何千万単位の子どもたちが飢える危険があります。もっとも社会の弱い部分に、大きなしわ寄せが行くのがインドです。
これからアクションを起こさないといけません。

インド草の根技術協力事業 研修チーム活動開始!

インドにて『子どもの安全を保障するためのセーフティネット確立へ向けたNGOのキャパシティディベロップメント』研修チームが活動を開始しました!

第2回目となる専門家派遣。今回の研修の焦点は児童保護を行うNGOに対してPCM(Project Cycle Management)研修を実施することです。また、ノンフォーマル教育を行う学校の教師へのトレーニングも実施します。

日本人チーム4名、現地パートナー団体から2名の計6名チームで2週間を走り抜けます。例年より寒いインドに到着し、早速、現地NGOオフィスで打ち合わせをしました。また、イマジナスが実施するストリートの女子児童のためのシェルター(JAGRITI)では、インド教育のお祭りにちなんで、私たちもお祝いに招待されました。

*本プロジェクトはJICA草の根技術協力事業として採択されました。現地NGOスタッフへの研修とSTC教師へのスキルアップ研修を行い、当該地域の児童保護セーフティーネット拡大し、1人でも多くの子どもたちに「教育機会・家庭復帰」の提供を実現させることを目指しています。

子どもたちの今を変えられるのか?インド過酷な環境で生きる子どもたち ~JICA草の根技術協力事業 活動報告会~

子どもたちの今を変えられるのか?インド過酷な環境で生きる子どもたち ~JICA草の根技術協力事業 活動報告会~

 

第1部

【報告会】10.25 (Fri) 18:10~20:00@おもしろラボ(広島大学工学部)
・JICA草の根技術協力(NGOキャパシティビルディング)の実践報告
・学生団体Smiles Productionインド奨学金事業の報告
【展示】
・写真で見るインドの子どもたち

第2部
【座談ワークショップ】10.26 (Sat) 13:30~17:00@きんぎょ荘(志和町)
『海外で働くということ』広大発のNGOと学生団体、そしてあなたが海外で働くことについて座談する

【会場】①おもしろラボ(広島大学東広島キャンパス 工学部C1 棟1階)②きんぎょ荘(東広島市志和町志和堀2138)
【連絡先】イマジナス(高橋)imaginus2013@gmail.com
【主催】NPO法人IMAGINUS


インドには学校に行きたくてもいけない子ども、人身取引に巻き込まれる子ども、ストリートで物乞いをして生きる子どもがいることをご存知ですか?広島で生まれた国際NGOがインドで児童保護に関するプロジェクトを行っていることをご存知ですか?現在、JICAとの連携でNGOがインドでどのような取り組みをしているかをご紹介します。子どもたちのために海外で働くということ、それは学生、NGO問わず可能です。