インド草の根技術協力事業 研修チーム活動開始!

インドにて『子どもの安全を保障するためのセーフティネット確立へ向けたNGOのキャパシティディベロップメント』研修チームが活動を開始しました!

第2回目となる専門家派遣。今回の研修の焦点は児童保護を行うNGOに対してPCM(Project Cycle Management)研修を実施することです。また、ノンフォーマル教育を行う学校の教師へのトレーニングも実施します。

日本人チーム4名、現地パートナー団体から2名の計6名チームで2週間を走り抜けます。例年より寒いインドに到着し、早速、現地NGOオフィスで打ち合わせをしました。また、イマジナスが実施するストリートの女子児童のためのシェルター(JAGRITI)では、インド教育のお祭りにちなんで、私たちもお祝いに招待されました。

*本プロジェクトはJICA草の根技術協力事業として採択されました。現地NGOスタッフへの研修とSTC教師へのスキルアップ研修を行い、当該地域の児童保護セーフティーネット拡大し、1人でも多くの子どもたちに「教育機会・家庭復帰」の提供を実現させることを目指しています。